ブラックリストとは?


ブラックリストというと、まるで黒い表紙の要注意人物一覧が書かれている
手帳のようなものを想像てしてしまいがち(私だけ?)ですが、
実際にはそういったリストを指して「ブラックリスト」と呼んでいるわけではありません。

その意味で言うブラックリストと呼ばれるものは存在しません。
実際にそういうリストがあるわけではないのです。

ブラックリストとは?

通常、我々が住宅ローンを組んだり、銀行から融資を受けたり、消費者金融からキャッシングしたりすると、この情報は記録されます。

どこどこから、いつ、いくら借金したか?
いつ完済したか?というように。

これを『個人信用情報』と言います。

普通に返済し、滞りなく完済すれば別に何の問題もありません(これを『ホワイト情報』とも言う場合があります)。ただの「個人情報」です。

しかし、債務者(借主)側の返済過程になんらかの支障をきたした場合、その旨が信用情報に特記事項として記録されます。
この特記事項を『異動(事故)情報』と言いますが、 この異動情報が信用情報に記録されている状態を『ブラックリストに登録された』と表現します。

つまり、ここで『ブラックリスト』と呼んでいるものは、その信用情報に、債務者が債権者(貸主)との契約の履行が出来ない状態、いわゆる「異動(事故)情報」として記載されている、その情報のことを指します。

履歴が残る期間は、内容によっても異なるのですが目安としては、自己破産の場合は7年〜10年、返済遅延の場合は1年〜5年くらいになります。

クレジットカードの申込時に,審査が通らずカードが作れなかった
ショッピングローンを組みたいのに,審査が通らずローンを組めなかった

 このような経験をされた方,もしかしたらあなたの個人信用情報が信用情報機関に「事故情報」として登録されている可能性があります。



ブラックリストから逃れるために借金を増やしてはいけない

ブラックリストに登録されてしまうと、金融機関からお金を借りにくくなってしまいます。
しかし、だからといって、借金の返済のために色んな業者から融資を受けて借金を増やしたり、ヤミ金に手を出すようなことは決して無いようにしてください。

確かに、ブラックリストに登録されると、審査には不利になりますが、審査ポイントとなるものは他にもありますし、ブラックリストに登録されていなければ審査に通過するというわけでもありません。
例えば、ブラックリストに登録されているけど借金を解決した人と、現時点で莫大な借金を抱えている人とでは、どちらのほうが審査に通りやすいでしょうか・・・?

また、ブラックリストに登録されたところでデメリットとなるのは、金融機関からお金を借りにくくなるということだけであって、周りの人にバレるようなことはありませんし、日常生活において困るようなことはありません。
お金もでき、普通の生活が送れる状態になれば、キャッシングを利用する必要もなくなるでしょう。
むしろ借金癖がある場合などには、そっちのほうがいいのかもしれません。

住宅ローンなどで金融機関から審査を受けるとしても、ブラックリストとして記録が残るのは数年です。
言い方を変えると、その期間が経てば、履歴が消えるということです。

例え、ブラックリストに登録されてしまったとしても、日常生活にまで及ぶようなことはないので、ブラックリストに登録されることを恐れて、借金を積み重ねるようなことはしないようにしてください。


信用情報機関とは

信用情報機関とは、クレジットカードの申込みがあったときに、他社での利用状況や過去に事故情報がないかを、調べるために設けられた機関です。

事故情報とは、代金の延納、滞納あるいは自己破産などのことで、いわゆるブラックリストと呼ばれている情報です。

クレジットカード会社は、カード申込者が申込書に記入した事項だけでは、カードを発行していいかどうか判断できませんから、それを裏付ける正確な個人情報が必要になります。

このとき利用するのが、信用情報機関の顧客情報や債務情報になります。クレジットカードの申込みがあったときは、必ず、この信用情報機関のデータを照会してカード発行の有無を判断します。

信用情報機関に登録されている情報は、
・氏名、生年月日、住所、電話番号、勤務先などの顧客情報
・過去の利用履歴、返済金額や返済日などの債務情報
・過去の延納や滞納などの事故情報
の3つです。


自分がブラックリストに登録されているかを調べるには?

個人情報保護法でも規定されていますから、
自分の信用情報は開示を求められるのです。

ただし、電話で聞くという手軽な方法は無理です。
それは、そもそも本人かどうかが確認できませんからしかたないです。

ですから、実際にセンターに行くか、郵送で申し込みます。

本人確認の書類としては、

1. 印鑑登録証明書 原本
2. 戸籍謄本または抄本 原本
3. 住民票 原本
4. 外国人登録原票記載事項証明書 原本

のいずれかを発行日から3ヶ月以内のものを1点と

1. 運転免許証のコピー
2. 旅券(パスポート)のコピー
3. 住民基本台帳カード(写真付)のコピー
4. 外国人登録証明書のコピー
5. 各種健康保険証のコピー
6. 各種年金手帳のコピー
7. 身体障害者手帳のコピー

のいずれかを1点を合わせて用意する必要があります。


これでブラックリストに載っていなければめでたしですが、もし載っていたら、その登録期間がいつ終わるかと調べましょう。
下記URL元を参考にしてください。

全国銀行個人信用情報センター
株式会社シー・アイ・シー
株式会社シーシービー
戻る