闇金に注意

悪徳業者闇金を知り、絶対に借りないよう注意して下さい。
万が一借りてしまった場合は法外な金利を取られる前に、事業所などに相談しましょう!


闇金とは?

闇金とは、破産手続をした人や多重債務者で、もうこれ以上サラ金等から借入ができないような人をターゲットにし、ダイレクトメールや雑誌の広告などで、低利で、無担保で、誰にでも融資するという嘘の告知をし、電話すればお金を貸してくれるという一見便利そうな貸金業者である。

 しかし、その実体は、5万円ほど貸付、毎週、利息として1万円から2万円を支払わせるというもので、それも脅迫、恐喝の手段を用い、時には関係のない債務者の周囲の人までまきこんで支払を強要し、いつまで返済しても元金は減らないというもので、年利にすると1,000%以上というとんでもない高利の違法な金銭消費貸借である。わずかな期間に元金の10倍、20倍という金額を支払わされることになる。
出資法により29.2%以上の利息は禁止されている。この規定に違反した者は刑事罰の対象となる。
本来、闇金は全員逮捕されてもおかしくないのである。

闇金の手口

【登録番号等を詐称】
キャッシング会社のような貸金業を営むには、国に届出を出して審査に通過すると登録番号がもらう必要があるのだが、正規のキャッシング会社と思わせるために、適当につけたダミーの登録番号を見せて安心させる。
⇒ 登録番号が本物か調べる方法については、「闇金の見分け方」を参照。



闇金融とは、「無登録業者」または「出資法の上限金利を超える金利を取る貸金業者」です。
トイチ(10日で1割の利息)或いはトサン・トゴ・トナナなどの高金利を貪る業者が多いのが特徴です。
闇金融は以下のような様々な手口でお金を貸しており、日々変化しています。
このような悪質業者は、本来の消費者金融会社等とは何の関係もありません。

●紹介屋(コ―チ屋)
スポーツ紙の広告やビラ、チラシなどで、『どこも貸してくれない人は相談して下さい』、『債務多い方、大歓迎』『独自審査』などと宣伝し、あたかも低金利で自社が融資するように思わせて多重債務者を呼びこみ来店したり電話をかけてきた客に、『あなたの与信状態はよくない。うちでは貸せないので他の店を紹介してあげる』などと言って、いかにもその紹介によって融資を受けられるように装って、紹介料を騙し取る商法。悪質な金融業者と共謀しているケースもあります。

●整理屋
新聞、雑誌等で『あなたの債権を整理・解決します』、『多重債権者もOKすぐ電話、○○○○番』などと広告し、電話をしてきた者から『整理手付金』等の名目で現金等を預かり、整理を引き延ばしたうえ、整理をしないで次々と騙し取る商法。弁護士の名義を借りて法律事務所を行う(あるいは名前をかたって法律事務所を行うフリをする)こともあります。

●買い取り屋
融資を申し込むと、融資の条件として、クレジットカードで商品を次々と買い回らせ、これを定価以下の安い価格で買い取り、さらに、高金利で融資する商法。結局、申込者にはその業者への借金の他に、クレジット会社への債務が残ってしまいます。

●090金融
勧誘チラシに『090』で始まる携帯電話の番号しか記載せず、正体を明かさない新手の業者です。法外な金利をむさぼる無登録業者がほとんどです。決まった事務所やノウハウが不要なため、摘発が非常に難しくなっています。厳しい取立てで、顧客を追い込むことが多いと推測されています。

●システム金融
不況と銀行などの金融機関の貸し渋りに苦しむ、中小・零細企業の経営者を狙った業者です。 ダイレクトメールやFAXで勧誘して、法定金利をはるかに超えた金利を取ります。

●チケット金融
チケット(高速回数券など)を代金後払いという形で販売し、チケットを指定した金券ショップなどに持ち込むことで現金化させる。業者は一週間後にチケットの販売金額を返済させます。現金化した受取金額と返済金額との差額を利息とみると法外な利息になります。

●押し貸し
契約もしていないのに勝手に銀行口座に現金を振り込み、法外な高金利の利息などを請求します。

●名義貸し
「消費者金融会社の調査」等の名目で「お金を借りるだけのアルバイト」と称して消費者金融会社から金銭を借り受けさせ、一定のアルバイト料を支払った上で「返済はこちらでやっておく」と発行されたカード(暗証番号も)もろとも金銭をだまし取ります。集まったお金とカードで返済と借入を繰り返すため、返済が行なわれている間は発覚せず、長期間だまされていることに気付きません。

●空貸し
実際、金を貸していないのに電話や電報で脅迫めいた取り立てを行い、強引に金を振り込ませます。

●年金担保金融
お年寄りの年金を食い物にする悪質な業者です。「年金を担保に融資を行います」「年金立替」などとスポーツ新聞などの広告欄に掲載しています。お年寄りから言葉巧みに「年金証書」・「振込通帳」・「印鑑」などを取り上げ、お金を融資します。この証書などを使って業者側が年金を受取ります、また多くの場合完済した後も「年金証書」などを変換せずに年金を奪いつづける。年金を担保に融資を受けることは法律上禁じられています。

●自動車金融
「車に乗ったまま融資」などと電柱などにビラ貼付けているのが自動車金融です。実体は、先ず一旦車の売買契約を締結して債権者の所有とし売買代金としてお金を融資します。そしてリース契約を結び債務者に車をリースするという形にします。このリース料金が実質「高利な利息」となり債務者は車に乗ったまま高利な利息を返済しつづけます。滞納などをすると車の名義は債権者に変えてありますし合鍵なども作成していますので、ある日突然に車を持っていってしまいます。




被害にあったら相談すること

闇金の被害にあったら、一刻も早く法テラス消費生活センターに相談することです。
自分ひとりで抱え込む問題ではありません。
返済さえすれば解決する問題だと思っていても、相手は元々違反業者なので、そんな約束を守ってくれるとは限りません。

また、闇金の被害に遭う人の中には、闇金だと知っているにも関わらず利用する人もいるようです。
正規のキャッシング会社が貸してくれないからといって、闇金に手を出してしまうのです。
しかし、そういう場合でも相談するべきです。

闇金というのは、元々法律に反していますし、あなたは被害者なのです。
法律に反しているサービスを利用しているので、実は法的に話し合うと、契約は無効となるケースが多いのです。
相談することで、きっと解決の糸口が見つかることでしょう。
戻る