キャッシングの審査ポイント

キャッシングの審査には、それぞれの項目で基準があります。

まず基本的なキャッシング審査の項目として、年齢や収入状況などがあげられます。
年齢に関しては、最近では学生向けのローンなどもありますが、
やはり若年層になると利用限度額が低くなる傾向があり、審査基準も厳しくなります。

収入状況、つまり一般的には勤務先や勤務年数、収入などですが、
安定した職業に勤務しているかどうかも審査基準となります。

つまりアルバイトなどに関しては評価が低くなるといえます。

勤務年数も大切な項目です。

年収・借入件数

一番のポイントとなるのは、やはり年収借入件数でしょう。

年収が多く借入がなければ(または少なければ)、もちろん審査には通りやすいです。
年収が多ければ借りる必要なんてないと思われるかもしれませんが、そうでもないのです。
やはり収入がある分だけ遊びも派手になります。
また見栄を張りたがる人も多いので意外と借りる人は多いです。

次に借入件数ですが、もちろん借入件数は少ないほうが審査には有利です。
どちらかというと、借入額よりも借入件数のほうが重視される傾向にあるようです。

また、借入件数については、嘘は言ってもばれますので嘘は言わないようにしましょう。
仕組みを説明しますと、キャッシング会社からお金を借りると、信用情報機関というところに登録されます。
いつ借りたか、いくら借りたか、また返済はちゃんとしているか、など信用情報機関に登録されています。
※これは誤魔化す事は無理です!

そしてキャッシング会社は他社利用の状況をこの信用情報機関で調べています。
キャッシング会社同士で顧客の借入状況を情報共有しているようなものです。
ですので、嘘は言ってもバレるだけですし、むしろ自分の信用を下げてしまい審査にマイナスになってしまうだけです。



職業

職業は、やはり安定した方(公務員、医師、会社員いわゆる離職率が低い職業)が審査の中では良く水商売、自営業、アルバイトなど離職率が高い方・収入が安定して無い方は低く判断されます。
でも、キャッシング会社はキャッシングをしてもらいたいので事業者用・学生ローンなど商品はいろいろあるのでキャッシング会社で自分に合ったキャッシングを相談してみてください。

年齢

年齢は、18歳からキャッシングできます。しかし、
18歳の方は年齢が若い、若いという事は収入が少ないとキャッシング会社から思われしまいます。
逆に、年齢がある程度召した方はいいのかと言うとそうでもないようで、ある程度の年齢がいってるのに貯蓄が無いと思われ審査的には低く判断されます。
キャッシング
会社からすると20代からの収入のある方がいいようです。
年齢が若くても歳を取っていても収入が安定されてる方がいいみたいですよ。

結婚

結婚は、既婚者の方が社会的に信頼度が高く良いとさててると思いますが、未婚者の方の方が良いみたいです。既婚者は、未婚者よりも必要なお金が多いため自由になるお金が少ないとされ審査の判断的には低くなります。しかし、年齢と同じで結婚をしているかしていないかだけではなく収入があり安定しているかどうかの方が重要な点です。


住居

住居は、借家の方より持ち家のの方の方が良いでしょう。借家、持ち家の方どちらの方でも同じことが言えるのですが同じ場所に長く住んでいる方が良いという事です。住居を転々としているよりも長く住んでいるということは、家賃などをちゃんと払い続けている(信用度が高い)ということで良いみたいです。

戻る