法律家に頼んで任意整理

キャッシングの返済負担を軽くするには、金利の低いところへ乗り換えることです。
数社からの借り入れであれば、1社にまとめてしまうことです。

このようなやり方を一本化(おまとめローン)というのですが、その実体は一番ポピュラーな存在にも関わらず実際には実現が難しく、そこまで大きなメリットを得られないことも多々あります。

そこで出番となるのが任意整理という技です。



任意整理とは?

任意整理とは裁判所などの公的機関を利用せずに裁判外でサラ金業者と交渉をして、
利息・損害金・毎月の支払額の減免をしてもらい、負債を圧縮する手続のことです。

サラ金業者は債務者本人が任意整理の交渉をしようとしても応じてくれないのがほとんどですし、
サラ金業者は相当に厳しい交渉相手ですから、
両親や親戚などの身内に借金の整理を頼むのではなく、
必ず弁護士・司法書士に依頼して下さい。

また、任意整理の特徴として、自己破産個人再生とは違い債権者を選べるというメリットがあります。
保証人が付いているローンに関しては、保証人に迷惑を掛けないために現状のまま返済を行い、その他の保証人が付いていないローンだけを任意整理することも可能です。


任意整理のデメリット

任意整理を利用すると、ブラックリストに載ってしまうということも認識しておいてください。
ブラックになると、5年間はカードを作ることができません。
でも、キャッシンググセを直したい方にとっては逆に丁度よいかもしれませんね。

当然弁護士費用も発生します。 目安として、借金総額の10%程度だとお考えください。
任意整理を持ちかけて詐欺を行っている輩も居ますので、弁護士や司法書士を選ぶ時も慎重に


交渉は専門家にお任せ

債権者との交渉は、債務者本人や家族の方がする事も可能ですが、交渉には法的知識が必要ですし、
何より相手は督促や交渉のプロです。
一個人と大きな企業では、どうしても情報量や知識、経験に差が出てしまいます。
その結果、本人が交渉したものの債権者のいいなりの和解となってしまうことも多いようです。

さらに、多重債務で苦しんでいる方は、複数の債権者から借入をしている事が多いですから、
各社それぞれと交渉するだけでも大変な労力と時間が必要になります
そのように考えると、やはり手続は司法書士等の資格者・専門家に相談し、任せたほうがよいでしょう。

司法書士に任意整理を依頼するときは、隠し事をせず、すべての借金を打ち明けるようにしてください 。
また、手続直前に多額の借金をする事は、
その後の債権者との交渉に悪い影響を及ぼすこともあります。
このような注意点も併せて、専門家にアドバイスをしてもらいましょう。


任意整理の注意点

さて、少々のデメリットに目をつむればかなり便利な技である任意整理。
しかし、任意整理をすれば必ず借入額が減る、というわけではありません。

借入額が多く、かつ収入が少ない状態で、月々返済にまわせるお金が極端に少ない場合には、債権者を納得させることができずに交渉が破綻することもあります。
任意整理は、借金が減るだけではなく、3年程度の返済計画を立てる必要がありますので、この返済計画に明らかに無理があると思われるようだと厳しくなります。



特定調停について

さて、ここまで任意整理について説明してきましたが、任意整理とよく比べられる法律として、特定調停という制度があります。

任意整理は、弁護士や司法書士といった専門家に依頼するのが一般的ですが、特定調停であれば、ほとんど自力でやる分、あまりお金も掛からずに済ませることが可能です。
任意整理の場合は、自分ひとりでやろうとすると、ナメられて相手にされないことも多いのですが、特定調停であれば、裁判所を通して手続きを行うので、ある程度の強制力もあります。

「どうしても費用を抑えて手続きをしたい」
「手続きは自分でやりたい」
という方は、次のコンテンツである「特定調停制度を活用」をご参照ください。
戻る