保証人と連帯保証人の違い

両親や兄弟、お世話になった恩人からお願いされたら断ることができますか?

「保証人にだけはなるな。」と叩き込まれて育ってきた人が多いにもかかわらず、日本の社会は保証人を立てなければならない機会が非常に多くあります。

お金の貸し借りはもちろん、賃貸住宅に入居するとき、学校に入学するとき、入社するとき、事業用資金を借りるとき、さらに、自ら保証人になったわけではないのに保証人になってしまう相続、など数え上げればきりがありません。
ここでは保証人と連帯保証人の違いを記したいと思います。

保証人と連帯保証人の違い

例えば、Aさんがサラ金業者から借金をして、あなたがAさんの「保証人」になったとします。
その場合、業者があなたに借金の請求をしてきても、あなたは、「先に、Aさんに請求してください。」ということができるのです(民法452条)。

 では、業者が、「Aさんに請求したが、らちがあかないので、あなたの家を差し押さえる。」と言ってきたら、
どうなるのでしょうか。 この場合、Aさんが返済する経済的余裕があり、
借金返済に十分な預金を有しているなど、強制執行が容易であれば、
そのことを証明した上で、「まず、Aさんの財産を差し押さえてください。」と言えるのです(民法453条)。

 ところが、あなたが「連帯保証人」である場合には、業者が請求してきても、
こういったことは一切主張できないのです(民法454条)。

 また、「保証人」が複数いる場合、その頭数で割った金額についてのみ、
借金を支払えばすみますが(民法456条)、「連帯保証人」の場合は、何人いようと、
借金全額について支払わなければならないのです。

 こんなわけですから、当然、サラ金業者はお金を貸す場合、「保証人」ではなく、
「連帯保証人」を要求してきます。

 「迷惑はかけないから。」と言われても、連帯保証人としてハンコをついたりするのは、それだけの覚悟が必要なのです。くれぐれもご注意を!

両親や兄弟、お世話になった恩人からお願いされたら断ることができますか?

両親や兄弟、お世話になった恩人からお願いされたら断ることができますか?

保証人にだけはなるな。」と叩き込まれて育ってきた人が多いにもかかわらず、
日本の社会は保証人を立てなければならない機会が非常に多くあります。

お金の貸し借りはもちろん、賃貸住宅に入居するとき、学校に入学するとき、
入社するとき、事業用資金を借りるとき、さらに、
自ら保証人になったわけではないのに保証人になってしまう相続、など数え上げればきりがありません。
家族や恩がある人お世話になった人、どんな人でも保証人になるつもりならよく考えて自分ひとりで決めないで下さい。

戻る