キャッシング利用者の統計

キャッシング利用者にはどういった人が多いか。
キャッシング利用者の統計でいくつか代表的なものをここでは紹介します。


利用者数

キャッシング利用者の男女比率はおよそ7:3から6:4程度で、
やはり男性の利用者が多いようです。ただし、近年は女性の利用者も増え、
各社とも女性専用プランなどを設けるなどしてその獲得に力を入れていますから、
やや6:4に近いかもしれません。

利用者の年齢層を見ると20代がもっとも多く、次が30代と年齢が上がるにつれ減っていく。
月収は20万円以上30万円未満が大多数を占め、職業はサラリーマン・OLが多いものの、
自営業、主婦、学生まで幅広く利用しています。

新規契約率と初回平均貸付額

大手消費者金融の新規申込者の契約率は、各社とも大体60〜70%前後といったところ。
この数字を見て「おや?意外と低いな」と思った人もいれば、
「そんなに高いの?」と思った人もいるでしょう。
ここでどう感じたかによって、あなたのキャッシングの利用度がわかってしまいます(強引ですが....)。
ほとんどキャッシングを利用していない人にとっては「3人に1人は断られるなんて、
結構断られるんだな」となり、キャッシングにどっぷりはまっている人は「そんなに借りれるの?」
となってしまうわけです。

まあ多少強引ではありますが、要するにマッサラな人から多重債務の人までひっくるめて
3人に2人が契約するということです。

大手消費者金融の初回平均貸付額は、おおよそ15万円から20万円。
これは初回の限度額の平均ではなく、新規契約者が初回に融資を受けた額の平均値。
最近では、申し込み後に行われる与信の結果、優良顧客に該当するような場合でも、
始めは限度額を低めに設定しておき、
問題なければ徐々に限度額を引き上げていくというケースが多くなっているもよう。

 

借入れ総額

20〜30歳代の男女で消費者金融などから借り入れがある人を対象にしたアンケートでは、
借金総額が「100万円未満」の人は40.4%、「100万円以上200万円未満」が13.1%、
「200万円以上300万円未満」が8.1%、「1000万円以上」が24.5%いるという結果となっていました。

消費者金融(キャッシング)利用者の年齢層について

大手キャッシング会社のメインターゲットは「20〜30歳代」なので当然の構成比である。
60歳代でも数%の利用者がいるが、これは自営業などでお金が足りなく借りているという
パターンではないだろうか。
退職により借りれる比率も下がるのでこのぐらいのパーセンテージになるのも妥当であろう。

キャッシング利用者年齢層グラフ 年齢(%)

20歳代 
30歳代
40 歳代
50歳代
60歳代
アイフル
43.1
23.2
16.1
12.5
5.1
アコム
48
22
10
-
-
プロミス
43.6
23.6
16
12.8
4

カードローンやキャッシングの一番の利用目的

カードローンやキャッシングの一番の利用目的は『日常の生活費の補填
カードローンやキャッシングで「何に使っているのか?」という利用目的から。あまり借入をしたことがない方などは、多額に借金がある人はギャンブルや趣味などといった遊興費で浪費をしているのでは?と普通は予想しがちなのですね。

もちろんそのようなケースもありますが、実はそれよりも多い利用目的として、『日常の生活費の補填』があります。懸命に働いても思うように収入が上がらない、どうしても家計のやりくりができないなどによる、生活費不足によるものが一番の利用目的です。

またカードローンやキャッシング、その借金の返済をするために膨らんでいくことも多いのですね。

借入先キャッシング会社の選択理由

借入先のキャッシング会社を選択した理由で最も多いのは、「無人契約機が身近にある」という理由です。
最近では、駅前などでも無人契約機をよく見かけるようになりました。

次に多いのが、「審査の手続きが簡単」「審査が早い」「いつでもATMで利用できる」という理由が多いです。
キャッシングの特徴とも言えるものが選択理由に選ばれています。

また、無人契約機やATMを多く設置しているのは大手のキャッシング会社です。
大手に人気があるのは、知名度や安心感もあるのでしょうが、無人契約機やATMといった利便性が充実しているという点もあるのでしょう。又、CMなどで安心感を得て大手から借りる人も少なく無いので
キャッシング会社も有名女優や有名タレントを起用しています。
最近犬は見なくなりましたが・・・犬好きの私としては嬉しいことです。


借入・返済の手段

借入・返済の手段としてはATM利用が最も多いようです。
銀行やコンビニのATMで利用できますし、いつでも利用できるので便利です。

ATMは、大手のキャッシング会社ほど充実しており、中小規模の会社は対応していないところが多いです。
戻る